ドレスに合わせた化粧とは

パーティーや結婚式へのお呼ばれでドレスを着る際には、ドレス姿にふさわしい華やかな化粧で出かけたいですですね。せっかく普段とは違う格好ができるのですから、メイクにも少しこだわってみましょう。普段とは一味違うメイクを楽しみたいのなら、まずはアイシャドーの色を変えてみてはいかがでしょう。ドレスの色が青ならブルーのアイシャドー、赤なら派手すぎない赤やゴールドのアイシャドー、と普段はあまり使わない色を使うことによって目元に変化をつけることができます。せっかくの華やかな席ですから、いつもとは違うメイクを楽しんでみてくださいね。さらにアイラインをいつもより濃く引いたり、つけまつげを使えばくっきりはっきりとした目元になれますよ。華やかな目元に合わせて、チークの色も変えてみましょう。デイリー使いのチークカラーにラメが入った別のカラーのチークを重ねづけするだけでも、変化が出ます。その他、目鼻立ちをくっきりさせるために、ノーズシャドーとハイライトも使ってみるのも手です。普段はちょっと・・・という方も、是非お試しください。せっかく普段とは違う装いをするのですから、化粧もそれ相応のものにしたいですね。華やかな装いとメイクで出かけましょう。

ドレスと化粧の組み合わせ方

ドレスと化粧の組み合わせ方って難しいですよね。ドレスの色によっても化粧の仕方がかなり変わると思います。基本的にドレスを選ぶ時はお肌のパーソナルカラーに合わせて選び、体系や体格にあった物を選びましょう。例えば胸が小さく自信がないならホルタータイプの物を選んでみたり、お尻や下半身が気になるならばAラインのシルエットの物を選んで見るのもポイントです。メイクを自分で行うか美容院のプロのメイクさんにお願いするかによって違うと思うのですが、例えば友人の結婚式に出る時にちょっと余裕があるなら美容院でお願いしてみたりするのもいいかもしれません。自身で化粧を行う際は、衣装の色と合わせるようにメイクするのもポイントの一つです、衣装に対してどんな雰囲気にしたいかをまず考えてみましょう。シックなカラーの衣装に対し、華やかな雰囲気にしたいという場合や逆に明るいカラーの衣装に対し落ち着いた女性の雰囲気を出したいという場合、様々な場面があると思います。アイメイクは基本的にくっきりとアイラインを引いてあげたほうが合います、シャドウのカラーは使っていい色は大体2色までが好ましいです。そしてどの色の衣装にも合うとされているのがパールのカラーのシャドウです、淡いパールは女性らしく演じさせてくれる魔法をかけてくれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*