ショート丈など様々な種類があるレインブーツ

レインブーツは昔は長靴と言われ、小さい子供が、幼稚園や小学校などに履いていったり、農作業や、水回りの仕事に従事している人が着用しているイメージが強くありました。しかし、数年前から、普通のブーツが雨の日でも着用できるように、撥水性のある素材を使ったレインブーツがたくさん出回るようになりました。一見すると普通のブーツと何ら変わりないものや、雨の日でも、気分が明るくなるようなカラフルなものまでたくさんあります。また、丈も様々で、膝までくるロングタイプのものから、足のくるぶしが隠れる程度のショート丈のものまで様々です。ショート丈のものは、ブーツというよりも普段の靴として、気軽に着用することができ、さりげなく履くことができます。また私の母親は、家庭菜園をしており、ちょっとした作業をする時に気軽に履けるので、ショートブーツにはとても助けられていると話をしています。

履き回しの効くショート丈のレインブーツ

これまでは雨の日のために専用の靴を買うなんて考えてもいませんでした。レインブーツって長靴でしょう?子供が履くものだよ、と決め付けていたのです。しかし、雑誌や街で見かける女性のレインブーツ率の高さから、なんかオシャレだなぁと思い始めたのです。そして、決意したのはゲリラ豪雨や台風の時に足元が汚れてしまってばかりいた夏でした。購入するぞとお店に足を運んだのです。いろいろデザインも豊富、カラーバリエーションも思っていたよりたくさんあって悩みました。でも、パープルのエナメルショート丈のレインブーツに一目惚れして決定しました。これが、想像以上に履き回しが効いたのです。短い丈だから夏場でも暑くないですし、足元の水しぶきを防ぐには十分で見た目もスッキリ。パンツにもスカートにも合うので服を選ばず履けます。なんでもっと早く買わなかったのかなと振り返りつつ、周りにオススメしています。

晴れてもおしゃれなショートサイズのレインブーツ

秋に入ってから例年になく台風が吹き荒れています。長い夏が終わり、やっと秋のファッションを楽しもうと思っていたのに、楽しみにしていた秋物を着る機会が少なく、がっがりしている人も少なくないと思います。特に雨風の日は、大事な服がぬれないためにコートを着る人も多いでしょう。また足元が濡れると一日中不愉快な思いをしなければならないので、靴の選択には気を遣うものです。でも朝雨が降っていても、午後晴れた時は、乾いた道路にレインブーツというスタイルにも腹が立ちます。というわけで、ファッションにこだわるひとはできれば雨靴ははきたくないのが本音です。しかし最近街を歩いていて、とても可愛いレインブーツを履いている若い女性を見かけました。くるぶしまでのショートサイズで、まるで冬のおしゃれブーツのようなデザインなので、これなら晴れても違和感がないだろうと思いました。今まで雨靴を使わなかった人も、このようにカラフルでおしゃれな雨靴が出回っているのですから、雨の日も安心して履けるレインブーツを一つ購入しては如何でしょうか。

他には無いカラフルな傘、レインコートをご購入いただけます。お洒落な編み上げデザインのクラッシック・ラバーブーツで三つの丈、17色からから選べます。ヨーロッパのシェアは3位!急成長レインブーツブランド「ILSE JACOBSEN イルセ・ヤコブセン」の正規代理店です。30代以上の大人の女性に是非、履いていただきたい一品です。レインブーツでショート丈をお探しでしたらイルセ・ヤコブセンにお任せ